スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も書かずとも、生活は変わっていくのです。

日々、科学は進化する。
家にある家電は使用毎に劣化、加えて経年劣化もしていきます。
サキチヨさんが大学入学の頃に買ったドライヤーもそんな家電のひとつです。
いうなれば10年選手で引越しも数回行って来ました。

そして、先日引退をこちらから勧告させていただきました。
お疲れさまでした。

新しくやってきたニューフェイスが、
41WaymYGG9L.jpg
これです。(うちは白を買いました。)

3000円もしないのにマイナスイオンがでます。
僕は洗髪をしても髪を乾かす習慣があまりないのですが、サキチヨさんは「これはええ。ちょっと違うで。」といってたので、イオンの効果が髪にあるようです。
なんか乾かしても潤いが残ると言いましょうか、髪のみずみずしさが保持されるようですよ。

そして、次に買ったのが、
bluetoothのヘッドセット。
これは、いろいろ見て探しました。
購入前の要望としては、
1、bluetooth(無線)で音楽聞きたい。
2、ランニングするときにも使用したいので防滴
3、もちろんボリュームや曲送りなんかもできないと困る。

くらいの3つが大きな要望だったのですが、調べていくといろいろわかりました。
まず、「bluetooth」
これ基本的に今は音楽を聞くために使用されているものではない。
車内やハンズフリーでの会話がメインでした。


次に「防滴」
基本的に会話を中心に考えているので、防滴のものが少ない。


最後に「プロファイル」会話がメインなので音楽のプロファイルに対応しているものが少ない。しかも音楽のプロファイルに対応しているものはグンとお値段が上がる。ちなみに「A2DP」というプロファイルが音楽を再生できます。
※このプロファイルは音楽を再生できるのみです。
曲送りなどはできません。
曲送りなどは別に「AVRCP」というプロファイルへの対応が必要でした。


そして、それをクリアしたのがまずこれ。
jabraのstone
デザインも秀逸。
メーカーもbluetoothの商品が多く信用できます。
曲送りなどの「AVRCP」には、対応していませんが、まぁいいです。

ポチッとなとボタンを押そうとしたその時、目に入った情報。
--------------------------------
連続通話時間
ヘッドセット単体:最大約2時間
充電ユニット:最大約6時間
(合計:最大約8時間)
--------------------------------
紐解くと、
ヘッドセットを耳につけた状態だと2時間。
ヘッドセットを充電バッテリーにつけて、石の状態にしとくと6時間使えるとのこと。

ヘッドセット単体で2時間はちょっと少ない。。
「AVRCP」にも対応してないし、これはちょっと保留。

次に発見したのが、これ。
ロジテックの「LBT-HPS01C2」

まず安い。
1480円で買えますよ。
こりゃ、こりゃ。

仕様
このお値段で「A2DP」「AVRCP」にも対応しています。
まさに「神ヘッドセット」の名にふさわしいです。

が、しかし最も重要な部分が抜けていました。
商品完売、品切れ。

見つけたその日はまだあったのですが、1日逡巡してると全商品売り切れてました。
うぅ。

その後もソニーやロジテックのスポーツ用のBluetoothのヘッドセットを発見したのですが、評判が芳しくなかったり、スポーツ用で防滴なのに、実は設計の誤りで汗が入るよ。などの情報を得て断念しました。

そして、最後に行き着いたのがこれです。
moto1s.jpg
モトローラのS10-HD
もちろん「A2DP」「AVRCP」にも対応しています。
デザインもjabraに負けず劣らず秀逸。

リンク先の記事は日本発売の記事ですが、まだ日本で売ってなかったので海外サイトで買いました。
代金は日本販売価格の半額以下でした。
ただ送料が加わって、ちょうど半値くらいで買えました。
(それでも、ロジテックに比べると数倍しますがね。)

そして、レビュー。
まず海外用なのでイヤーパッド?っていうのカナル型の耳に入る部分がくそでかい。
耳に入らない。フィットしない。
そのせいで、音質も一番いい音質で聴けてないと思います。
中音域の音がカスカスに聞こえます。
まぁ、音質はもともと音楽ファイルを聴かせる仕様でもないのでしょうから、しょうがないのですがとにかくイヤーパッドがでかい。
一番小さいのでも鬼の鼻くそくらいあります。
(みたことはないですが、勝手に想像してください。)

ただ、ペアリングは簡単。
上に書いたとおりデザインはよい。
無線である。
ランニングしても一応は取れずに聞けた。

よって、良い買い物とは言えませんが、使いたいことに使用できるものは買えました。

買ってないですが、日本人には上にちょろっと書いたロジテックのスポーツタイプがよいのかもしれないなと最近思っています。
LBT-AVNB01A04.jpg

この記事の下にレビューがあって、まったく使えないと書いてあったので敬遠したのですが、複数のレビューを考慮するとありかもしれませんね。(僕は複数のレビューは読んでませんよ。)

スポンサーサイト

デジタル備忘録 docomoのキャリアメールをwi-fiで

今日ようやく僕は、docomoのキャリアメールが受信できるようになりました。
何かと申しますと、これです。
いやぁ、流石ドコモ。
元国営。
なかなかに分からんかったですよ。

まず、SPモードの設定ってどっからするんや?
サイトには「Wi-Fiオプション利用設定(パスワードの設定)します。」って書いてあります。
探しましたよ。
で、ありました。
「ドコモマーケット」というアプリがドコモのスマートフォンには入っていますので、これにアクセスします。
この「ドコモマーケット」のページの下に「SPモード」があるので、そこからアクセスします。
ちなみにこのSPモード、3Gでしかつながらないのでwi-fiしか使わない僕ですが、しょうがないので、wi-fiを切ってアクセスしました。

で、ようやく繋げた「SPモード」。
次はいきなり4桁のパスワードいれろと言ってきます。
アクセスしたのが初めての僕にパスワードを入れろと。
うーむ。設定した覚えのないパスワードなんぞ入力できません。
んで、調べたら最初は「0000」に設定されているらしいです。。
おぅ、もっと分かりやすいとこに書いとけよ。

で、4桁のパスワードを入力したら、あとはパスワードを勝手に決めて入力したら、準備完了です。

んで、次にSPモードをバージョンアップします。
バージョンアップしたら、SPモードを起動し、「メール設定」→「その他」→”Wi-Fiオプション利用設定”の「パスワード設定」を押して、さっき設定したパスワードを入力します。


これで接続確認をしたら、wi-fiでdocomoのキャリアメールが受信できます。

最後にWi-Fi環境下で利用するには一度3Gに接続し「マイアドレス」を取得した後、Wi-FiをONにしなければなりません。しかし、これが僕のgalaxySではいけません。なんかことあるごとのマイアドレスが切れていちいち3Gで接続して「マイアドレス」を取得しなおさないといけません。
でも記事を読むと、タスクキラーを入れてると、上記のような症状になるみたいですね。

デジタル備忘録 スマートフォンをwi-fiのみで使う

さて、連続で書いてますね。
なかなかに珍しいですね。

今日は、wimax回線のみで使うスマートフォンの備忘録です。

買う前からいろいろ調べてたのですが、3G回線とwi-fi回線を並行してバランスよく使うことはほぼ無理です。
3G時にアップデートやまかり間違って動画でも観ようものなら一発でアウト(上限\5,985に到達)です。
なので、wimaxの契約を完了させ、環境を整えた後にスマートフォンは契約し電源を入れたほうがよいです。

ということで、
3Gをぶち切るということが一番大事な仕事ですが、その前にスマートフォンの電源を入れ、
設定>無線とネットワーク>wi-fi設定
から、wi-fiネットワークを追加します。

ちなみに、wi-fiネットワークへの接続は接続機器によって設定が違うので、なんとも言えませんが、
僕の持ってるaterm-3500でいうと、こんな感じです。

で、wi-fiネットワークに繋いだ後に、3G回線をぶち切るソフトをダウンロードします。
使うソフトはこれ。APNdroid

これで3G回線が、ぶち切れます。
僕はこれでぶち切って終わりですが、サキチヨさんはspモードでdocomo.ne.jpのメアドをつかっています。
これが面倒なのですが、gmailやwebメールなら普通にwi-fiで送受信ができるのですが、docomo.ne.jpなどのキャリアメールは現在wi-fi経由では受信できず、3G回線でしか受信できません。(2011年1月後半~2月にキャリアメールもwi-fiで受信可能になるそうです。)
なので、ウチのサキチヨさんは今はキャリアメールにメールが届くとwi-fiを切って、3Gに切り替えて受信するのですが、サキチヨさんは間違って3G回線をキープしたままバージョンアップしてしまい、パケホーダイの上限まで行ってました。

来月からはwi-fiで受信できるようになるので、3G回線の切り忘れの事故はないと信じたいですが、、

さて、こんなもんでとりあえずスマートフォン・wimaxの備忘録にしとこうと思います。
ではー。

デジタル備忘録 どこのwimaxサービスがいいのか?

さて、昨日に引き続き今日もデジタル備忘録です。

今日はどのwimaxのサービスを利用しているかを書いておこうと思います。

基本的に月額で払う金額はどのwimaxサービスを使用しても大差ありません。
サービスごとに差がつくところは、wimaxへの接続機器と初期費用ですね。

比較サイトもあります。

まず、昨日書いたUQwimax
これは大元のサービスになるのですが、これはスタンダードな設定であるぶん割と高いのです。
と、思って調べてみると今はなんかいい感じに安いですね。
ウチで使ってる機器も5800円で購入できますね。

いいじゃないか。

*ここからは想像なので、非確認事項ですが、UQwimax以外のプロバイダなどが安く提供している接続機器のほとんどは、そのプロバイダサービスでしか使用できない機器が多いです。しかし、上記のUQwimax提供の接続機器はUQwimaxのサービスをやめても他のサービスで使えるような気がします。

これなら初期費用2,835円を払っても、UQwimaxで契約するのが得なような気がしますね。

ちなみに僕は、@nifty wimaxを使っています。
先ほど書いたように専用の接続機器なので、@nifty wimaxサービスしか繋ぐことができない機器を使っています。

コレ(UROAD7000)コレ(aterm3500)です。

@nifty wimaxの良いところは、初期費用が無料なことと、接続機器が比較的安いことです。
ということは、最初の出費が非常に安くすむのです。(今ならもっとも安いルーターなら1000円ですね。)

あと、価格コムを通すと10ヶ月後に1万円かえってきます。(aterm3500)もちろんUROAD7000でも1万円帰ってきます。

ということで、貧乏人の僕は、価格コムを通して、@nifty wimaxを契約しました。

今日はリンク貼りすぎて疲れたので、ここまでにしときます。
そういや、こないだコナンの2010年版の映画を見ました。
まぁ、面白かったのですが個人的な勝手な感想を書くと、
なんかもうちょっとミステリー色や座りのいい犯行理由が欲しかったです。


では。

デジタル備忘録-galaxySとREGZAphoneとwimax-

さて、また忘れないように備忘録です。
これは、デジタル関係の備忘録です。

先年の11月に携帯をgalaxySに替えました。そして1月にサキチヨさんがREGZAphoneに替えました。
変更に合わせて、契約プランを試算したら機種分割代金も含めてdocomoにそれぞれ毎月1万円程度を払うことがわかりました。これはいけません。どこがいけないってウチが貧乏なのがいけないのですが、簡単に言うと夫婦揃って各々月1万円程度をdocomoに払ってたまるかということです。

簡単に情報を羅列すると、
-----------------------------------
■先年の11月までdocomoに払う金:
月額 約5000円×2

■なにもしないで1これからdocomoに払う金:
月額 約9000円×2
・内訳
基本使用料 934円
パケ放題ダブル 5985円←これが高い。
spモード 300円
端末費用 1372円
-----------------------------------
これはいけません。

ということで、スマートフォンに変更して尚且つ支払が安く済む方法を探しました。
結果、見つけたのがこれです。

UQ wimax
どんなサービスかというとこんなサービスです。

大事なとこだけ かいつまんで書くと、「パケ放題ダブル 5985円」がwimaxに差し替えることができ、wimaxの月額が4480円(これが僕のプラン)なので、docomoのパケ放題ダブルより1500円くらい安く済みます。
また、wimaxを1年契約にすると月額3880円(サキチヨさんはこっちのプラン)なので、2000円以上の節約が可能です。

ということで、今はdocomoに
------------------------------
月額 約3000円×2
・内訳
基本使用料 934円
パケ放題ダブル 372円
spモード 300円
端末費用 1372円
------------------------------
払い、wimaxに4480円と3880円を払っていますので、合計で15000円くらいを出費しています。

合計で3000円くらいしか安くなっていませんが、もう少しよいことがあるのです。
僕らはwimaxの回線を無線LANルーターで受信して、wi-fiでスマートフォンに繋いでいます。
簡単に言うと、無線LANルーターという機器ひとつでパソコンもスマートフォンもゲームも全部インターネットにつなぐことができるので、家で契約していたメガエッグ(月々5500円)も解約しました。
(*メガエッグは光回線100M(実測30Mちょっと)、wimaxは最大40M(実測5~7M)なので回線のスピードは遅くなりました。)

詳しくいうと、こういうことです。

○注意!
僕の回線を二人で使えばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、wimaxでは同一のwimax回線で複数の機器を一度につなぐことはできません。ひとつの回線に機械を追加して使う複数の機械から同一のwimaxに繋ぐサービスはあるのですが、後に繋げた回線が優先的に繋がれるそうです。(wimaxを無線LANルーターで受けて、無線LANルーターまでをwi-fiで複数つなぐことはできます。ここはややこしいですね。自信あり気に書いてますがその実、僕もよくわかってません。)

1、wimax→→→2、無線LANルーター→→→3、PCやスマートフォンやゲーム

「1、wimax」から「2、無線LANルーター」の間は、wimax回線となるので基本的には「2、無線LANルーター」にしか繋がりません。「2、無線LANルーター」から「3、PCやスマートフォンやゲーム」はwi-fiで繋ぐことができるので複数繋ぐことができます。
なので、会社などに行く時に僕は「2、無線LANルーター」を家からもって出るので、サキチヨさんにも専用の「2、無線LANルーター」を与えないと家にいるサキチヨさんがインターネットが使えなくてブーブーいうのです。


ここで少しウチの家計を拡大してみると、
----------------------------
これまで:
僕の携帯代:5000円
サキチヨの携帯代:5000円
メガエッグ:5500円
---------------------------
計:約15000円


----------------------------
これから:
僕の携帯代:7500円(docomo3000円wimax4480円)
サキチヨの携帯代:7500円(docomo3600円wimax3880円)
メガエッグ:解約
---------------------------
計:約15000円

2人でスマートフォンに変えて、これまでと払う金はおおよそこれまでと同金額です。
これなら家計も変わらんのでよいかなということで二人してスマートフォンに変更しました。

あとwimaxを検討するときの注意点も書いときます
・wimaxは今でも随時エリア拡大していますが、2011年1月現在も屋内や地下に加えて防音工事がされているところなどは繋がりにくいです。
*広島のライブハウスで使用できたところは、スマトラタイガーのみです。

・外でも繋がらない地域も多いです。
*広島市内を出ると繋がりにくいです。直島に旅行に行ったときには一日中スマートフォンではなく、携帯電話でした。

・wimaxに興味がある際にはまずは「try wimax」という無料サービスを試すことをおすすめします。
*これはただの根も葉もないただの経験則ですが、try wimaxで借りた機種はよく繋がる気がします。

自分の家はもちろんですが、職場やバイト先、よく行くお店なんかがあればそういった場所なども(まぁ、生活圏内というやつですね)回線が届くかを見ておくとよいと思います。

さて、長くなったのでここまで書いときます。
次は「デジタル備忘録 どこのwimaxサービスがいいのか?」「デジタル備忘録 スマートフォンをwi-fiのみで使う」を書いとこうと思います。

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。