スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の向いている方向には何が見える?僕の目線の先にはラー油がある。

続きを読む »

スポンサーサイト

グリルラルーナ

グリルラルーナという広島市西区庚午のお店にいってきました。

ここは迷子必至です。

地図を持っていっても、迷子必至です。

隠れた名店といいますが、ここは隠れすぎです。

ただ、しゃれとるし、肉美味いし、内容は大満足です。
レバ刺しがうめかった。
カルビが厚く柔らかかった。

もう店の場所も分かったし、延々隠れてくれててもいいです。

やはり

TJ広島で「汁なし坦々麺」特集が組まれていた。
やはり、今年は「汁なし坦々麺元年」じゃの。

最近行ったお店情報:
すずらん亭(本通)

洋食のパスタを触る人が作ってるみたいなので、作り方が丁寧。
辛さは標準では辛くない。
頼むとなんぼでも辛くしてくれる。
辛さはベースは山椒。
あと唐辛子も入る。
一緒に行った会社の同僚は「今まで食った中で一番上手い」というてました。
確かに上手い。

竜胆(りんどう)(八丁堀)

汁なしの割りに汁が結構ある。
ただ、うんめー。
辛さが選択できるのですが、1辛、2辛、3辛、7辛という一種独特な設定が不思議。
ただ、うんめー。
そして、うんめー。

時記(御幸橋の袂)

ここはTJ広島で情報を得てでかける。
中華料理屋のメニューのひとつとして汁なし坦々麺がある。
セットが割と安め。

汁なし坦々麺元年

食にもいろんなジャンルや流行すたりが存在するわけですが、
そんな中で今年いや近年驚くべき勢力を持って広島を制覇しているジャンルを発見しました。

「汁なし坦々麺」

これです。
ちょっと調べただけでも下記のようにたくさんあります。
僕は近所にある「きさく」に主に通ってましたが、
最近はいろいろ喰うようにしています。

今年は「汁なし坦々麺元年」です。

今日勝手に思い立ってそう呼ぶことにしました。

さぁ感想でも書きましょうかね。

きさく
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kisaku/b9adc5e7c5.html
おそらく知名度No.1です
元祖ですね。
味はデフォルトが辛いです。
しかしその辛さに慣れてくると、週1で通いたくなります。

竜胆(りんどう)
http://u.tabelog.com/00013098/r/rvwdtl/67257/
未通

杜鵑草(ほととぎす)
http://blogs.yahoo.co.jp/watanabe0529/42794018.html
未通

四川麻辣商人
http://gourmet.gyao.jp/0004020096/
ここに今日行きました。
味はとてもきさくに近い。よく研究してあるなぁと上から目線ですが、思いました。
辛さを最初に選ぶのですが、テーブルにおいてある自家製ラー油で辛さが調整できます。
ラー油がええすわ~。
あと店主のおっさんがきさくで良い人でした。

李さんの家
http://www.enjoy-inokuchi.com/omise/2003.html
ここは一線画してます。
きさくや四川麻辣商人と違います。
麻痺系です。
食後は舌の上が結構麻痺します。

すずらん亭
http://wscreen.blog19.fc2.com/blog-entry-1136.html
未通

味噌屋蔵造
http://plaza.rakuten.co.jp/king100/diary/200708210000/
未通

ばくだんや
http://www.geocities.jp/kassan_97/bakudan.htm
未通

らぁめん 紺屋
http://www.ramen-kouya.com/
ここは通常メニューではなかったです。
辛さはそれほどでもないですが、薬味?というのか薬の味っぽい味がして、医食同源のイメージでした。

ということで今年は「汁なし坦々麺」です。

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。