スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GO TO UBB

IMG_0232.jpg

映画を見にいってきました。
DMC

先行でみてたサキチヨさんがおもろいというてたので期待してたのですが、個人的な感想でいえば今ひとつな感じでした。

映画の主要なテーマに
「夢」「恋」
という万人が好むテーマを、メインに挿入してたのが主な原因かと思います。

個人的にDMCの好きなところは、バンド経験者という世の中に少なくないカテゴリーに対して、バンド経験者なら一度は考える音楽性の不一致(よく解散の理由になるやつね)を誇張した設定におもしろさとちょっとした自己投影をして楽しんでいたわけです。

ニッチなわりに幅広い層をつかむことが出来るバンド経験者に支持されていたであろう箇所がわりかしカットされ、その代りに恋愛要素と夢は叶うという前向き要素が加わったおかげで元々あった悲しくも笑える毒が希薄になってたのが、残念でした。

が、
上記の恋愛要素と夢&前向き要素が加わったおかげで、頻繁に世の中にばら撒かれるクソソングの歌詞などに共感する方たちにも分かりやすくなったため、動員が伸びているではないかなと思いました。

上記は批判というわけではなく、
金が、一定の興行的成功が、次へ繋がる唯一無二の道。というのを思ったというだけです。

ウサギバニーボーイは趣味のバンドなので、上記のような気遣いはありませんが、もし趣味でなかったら、どんな風になってったのかを想像するとおもろいですね。
おそらくちょろっとレーベルとかの人に声かけられただけで、
間違いなく愛と恋の歌ばかり歌ってましたね。
そしてコケます。
運もほとんどない才能も中途半端に浪費して廃人となります。
97%の確率でね。


ただ世の中に点在する天才は、その愛とか恋とか万人にあてはまるテーマにちらりと己の反抗心や自分の描いた歌詞に共感する何も考えない大衆を小馬鹿にした感じを伝えてくるのですごいなぁと尊敬します。

とまぁそんなことを思いながら見てました。

さて、今度からライブの前に
「GO TO UBB!(Usagi Bunny Boyのことね)」
「GO TO UBB!(Usagi Bunny Boyのことね)」
「GO TO UBB!(Usagi Bunny Boyのことね)」
と誰かにいうてもらおっと。


では。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2008-09 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。