スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローハローワーク 第4回

愛媛県の番町界隈のカフェを新入社員の茂木玲子(22歳)と取材をしていた社会人3年目の田所健太郎君(23歳)は、3日前からの想いを伝えるべく、取材中にも関わらず茂木玲子(22歳)に告白。

時と場合を選ばない肉食男子らしい告白に茂木さんの心はキュウンとなるはずもなく、冷たい目で睨まれて頬をビンタされた。

これから2か月後、社会人3年目の田所健太郎君(23歳)は、執拗な無言電話と先輩という地位を利用したパワーハラスメント風セクシャルハラスメント痴漢ソース添えの容疑で、ストーカー規制法で愛媛県警に連行。

以後、犯罪者○年目の田所健太郎君(23歳)と表記されるようになる。

茂木玲子(22歳)は、その容姿と、元犯罪被害者という地元では珍しいキャラクターとして地元タレントに転身するも、鳴かず飛ばずであったが、愛媛テレビの看板番組「ポンポンポンジュース」にワンタイムレポーターとして出演した際に、チーフプロデューサー高畠裕真(46歳)の目にとまり、愛人3号としての地位を確立。

アシスタントディレクター、ディレクターを人間として扱わないありがちなテレビ人間となった。
以後、「ポンポンポンジュース」の準レギュラーとして、愛媛県民の6人に2人がわかるタレントとして定着。

1年後、「愛人は3号では意味がない」と気づき、高畠裕真(49歳)を殺害。
一躍脚光を浴び、愛媛県民の5人に3人がわかる犯罪者となるのは、もう少し先のお話。

太郎は、山陰中央新報で勝手に連載していた4コマ漫画「それでも僕らは、」を自費出版にて発売。
バルバリー種の合鴨農法のお金をすべてつぎこんだ。

当然のように反響などあるわけもなく、太郎の生活は急速に爪に火を灯したら熱いという生活に追い込まれていった。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2009-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。