スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなが十九、二十歳で大学の先輩に…、僕は早川義夫を聞いていた。

それは昨日の夜。
ガール椿のライブを見に「ヲルガン座」に訪れ、
いつもどおりのナイスなライブをかましていた最中の出来事です。

日記のタイトルのような言葉をボーカルの立木くんがはにかんだような、泣きだしそうな、くるしいような、感極まったような感情で言葉を絞り出したのです。

「みんなが十九、二十歳で大学の先輩にいろいろサークルのことや社会のことを教わっているときに、
僕はずっと早川義夫を聞いていました。」

「僕は10年前の僕に教えてやりたい。頑張って音楽を続けてたら、早川義夫と一緒にライブできるぞって。」

立木くんの言葉に触れ、僕は泣きそうになりました。
何故かは分かりませんが、泣きそうになりました。

「感情を高ぶらせてまで伝えたい思いがある。」ということに感動したのか?
今、目の前に希望する誰かが現れて泣けるだろうか?
その前にそこまで感情を高ぶらせて会いたい人が僕にはいるのだろうか?

そんなことを考えたら、立木くんの幸せが羨ましくなりました。

006.jpg

その前日の土曜日。
安佐北区の狩留家になる「遊山」というラーメン屋にラーメンとつけ麺を食べに行きました。
001.jpg
この狩留家のラーメン屋。
googlemapで調べても、駅から1分くらいのとこにあるということだったので、
「行ったらすぐわかるじゃろ」
「わからんかったら、駅員さんに聞いたらええわ」
と思っていたら、まず無人駅。
おー芸備線。

そして、ノット第一村人。
村人がいません。

「人がいない…ね。」と、
サキチヨさんと二人で寒さに震えていたら、無人駅の奥から小さな宴会の音が聞こえます。
どうやら駅舎の奥で地元の会合が行われているようです。
ちょうど換気のために窓を開けたおばちゃんにサキチヨさんが
「すいません~」
と声をかけてくれたおかげで場所が判明しました。

002.jpg

無事にお店について、
サキチヨさんは「遊山ラーメン」
僕は「つけ麺」
を頼みました。

僕のつけ麺:
003.jpg

くいました。
うんめぇですね。

なんか麺がうまいです。
つけ麺。

ラーメンもうまいのですが、つけ麺の麺がコシがあって、
うどんのようなラーメンのようなモチモチした食感で美味でした。

004.jpg
こんな田舎にあっても駐車場に車が一杯&客席も14時過ぎでも満席。
それがこの味。
うむ。納得。

また行こう。
そうしよう。

では。



スポンサーサイト

CULVを買いました。

今年の冬も本格左腕と化し、よい冷気をバシバシ僕の服の隙間に投げ込んでくれています。
そんな時に、布団から起きだし、PCの前に座りペチペチとキーボードを叩くのは正直辛いです。

そこで本格左腕が引退するまでの3,4ヵ月を乗りきるためのグッズを買いました。
2年前くらいから少しずつ流行り、最早定番化した「ネットブック」を当初は買うつもりでしたが、
今年の夏くらいから「CULV」と呼ばれる大なり小なりで表すと、
「ネットブック」<「CULV」<「ノートパソコン」
という感じのPCを買ったわけです。

金額もネットブック+1万円くらいで購入できるので、PCとしてはお安いと思います。
僕も価格コムベストゲートを参考にしながら、送料、手数料込みで5万円を切る価格で購入できました。

買ったのが、これ。
acer Aspire 1410 (AS1410-Kk22)
IMG_1807.jpg
指紋が…よくつく。

んで、開くと、
IMG_1808.jpg
11.6インチで、解像度がWXGA (1366x768)。
これだけでもネットブック(WSVGA (1024x600))と比べるとかなり画面が見やすいと思います。
重さも1.38 kgと軽い。
まぁ軽さはネットブックのほうが軽いですけどね。

箱。
IMG_1811.jpg


スペック。
IMG_1810.jpg
液晶サイズ 11.6 インチ
解像度 WXGA (1366x768)
CPU Celeron Dual-Core SU23001.2GHz(1MB)
ワイド画面 ○
HDD容量 250 GB 回転数 5400 rpm
メモリ容量 2GB
メモリ規格 DDR2 PC2-5300
メモリスロット(空き) 2(1)
ビデオチップ Mobile Intel GS45 Express  
モデム   LAN 10/100/1000Mbps
無線LAN IEEE802.11b (11Mbps) IEEE802.11g (54Mbps) IEEE802.11n
その他 Webカメラ HDMI端子 Bluetooth
OS Windows 7 Home Premium  
駆動時間 7 時間
幅x高さx奥行 285x30x204 mm
重量 1.38 kg

IEEE802.11n(無線で、よう繋がるって意味です。)に対応してて、
バッテリーも7時間(実質4時間弱)持つので家中もって歩いてます。

んで、最近布団の中で聞いてるのが、これ。

毛布被って、ハイテンションです。

さて、PC自体の感想としては、
ドライブがついてないとか、CPUがそこまでよくない。(多少ストレスを感じる)とか、リカバリディスクがないとか、ネットではキーボードがたわむとかいろいろ人それぞれ意見はあると思うのですが、僕はよい買い物をしたと思ったので、自慢してみましたー。

ネットとか簡単な文書作成くらいなら全く問題なくこなせるよいPCです。


 | HOME | 

Calendar

« | 2009-12 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。