スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル備忘録 スマートフォンをwi-fiのみで使う

さて、連続で書いてますね。
なかなかに珍しいですね。

今日は、wimax回線のみで使うスマートフォンの備忘録です。

買う前からいろいろ調べてたのですが、3G回線とwi-fi回線を並行してバランスよく使うことはほぼ無理です。
3G時にアップデートやまかり間違って動画でも観ようものなら一発でアウト(上限\5,985に到達)です。
なので、wimaxの契約を完了させ、環境を整えた後にスマートフォンは契約し電源を入れたほうがよいです。

ということで、
3Gをぶち切るということが一番大事な仕事ですが、その前にスマートフォンの電源を入れ、
設定>無線とネットワーク>wi-fi設定
から、wi-fiネットワークを追加します。

ちなみに、wi-fiネットワークへの接続は接続機器によって設定が違うので、なんとも言えませんが、
僕の持ってるaterm-3500でいうと、こんな感じです。

で、wi-fiネットワークに繋いだ後に、3G回線をぶち切るソフトをダウンロードします。
使うソフトはこれ。APNdroid

これで3G回線が、ぶち切れます。
僕はこれでぶち切って終わりですが、サキチヨさんはspモードでdocomo.ne.jpのメアドをつかっています。
これが面倒なのですが、gmailやwebメールなら普通にwi-fiで送受信ができるのですが、docomo.ne.jpなどのキャリアメールは現在wi-fi経由では受信できず、3G回線でしか受信できません。(2011年1月後半~2月にキャリアメールもwi-fiで受信可能になるそうです。)
なので、ウチのサキチヨさんは今はキャリアメールにメールが届くとwi-fiを切って、3Gに切り替えて受信するのですが、サキチヨさんは間違って3G回線をキープしたままバージョンアップしてしまい、パケホーダイの上限まで行ってました。

来月からはwi-fiで受信できるようになるので、3G回線の切り忘れの事故はないと信じたいですが、、

さて、こんなもんでとりあえずスマートフォン・wimaxの備忘録にしとこうと思います。
ではー。

スポンサーサイト

デジタル備忘録 どこのwimaxサービスがいいのか?

さて、昨日に引き続き今日もデジタル備忘録です。

今日はどのwimaxのサービスを利用しているかを書いておこうと思います。

基本的に月額で払う金額はどのwimaxサービスを使用しても大差ありません。
サービスごとに差がつくところは、wimaxへの接続機器と初期費用ですね。

比較サイトもあります。

まず、昨日書いたUQwimax
これは大元のサービスになるのですが、これはスタンダードな設定であるぶん割と高いのです。
と、思って調べてみると今はなんかいい感じに安いですね。
ウチで使ってる機器も5800円で購入できますね。

いいじゃないか。

*ここからは想像なので、非確認事項ですが、UQwimax以外のプロバイダなどが安く提供している接続機器のほとんどは、そのプロバイダサービスでしか使用できない機器が多いです。しかし、上記のUQwimax提供の接続機器はUQwimaxのサービスをやめても他のサービスで使えるような気がします。

これなら初期費用2,835円を払っても、UQwimaxで契約するのが得なような気がしますね。

ちなみに僕は、@nifty wimaxを使っています。
先ほど書いたように専用の接続機器なので、@nifty wimaxサービスしか繋ぐことができない機器を使っています。

コレ(UROAD7000)コレ(aterm3500)です。

@nifty wimaxの良いところは、初期費用が無料なことと、接続機器が比較的安いことです。
ということは、最初の出費が非常に安くすむのです。(今ならもっとも安いルーターなら1000円ですね。)

あと、価格コムを通すと10ヶ月後に1万円かえってきます。(aterm3500)もちろんUROAD7000でも1万円帰ってきます。

ということで、貧乏人の僕は、価格コムを通して、@nifty wimaxを契約しました。

今日はリンク貼りすぎて疲れたので、ここまでにしときます。
そういや、こないだコナンの2010年版の映画を見ました。
まぁ、面白かったのですが個人的な勝手な感想を書くと、
なんかもうちょっとミステリー色や座りのいい犯行理由が欲しかったです。


では。

デジタル備忘録-galaxySとREGZAphoneとwimax-

さて、また忘れないように備忘録です。
これは、デジタル関係の備忘録です。

先年の11月に携帯をgalaxySに替えました。そして1月にサキチヨさんがREGZAphoneに替えました。
変更に合わせて、契約プランを試算したら機種分割代金も含めてdocomoにそれぞれ毎月1万円程度を払うことがわかりました。これはいけません。どこがいけないってウチが貧乏なのがいけないのですが、簡単に言うと夫婦揃って各々月1万円程度をdocomoに払ってたまるかということです。

簡単に情報を羅列すると、
-----------------------------------
■先年の11月までdocomoに払う金:
月額 約5000円×2

■なにもしないで1これからdocomoに払う金:
月額 約9000円×2
・内訳
基本使用料 934円
パケ放題ダブル 5985円←これが高い。
spモード 300円
端末費用 1372円
-----------------------------------
これはいけません。

ということで、スマートフォンに変更して尚且つ支払が安く済む方法を探しました。
結果、見つけたのがこれです。

UQ wimax
どんなサービスかというとこんなサービスです。

大事なとこだけ かいつまんで書くと、「パケ放題ダブル 5985円」がwimaxに差し替えることができ、wimaxの月額が4480円(これが僕のプラン)なので、docomoのパケ放題ダブルより1500円くらい安く済みます。
また、wimaxを1年契約にすると月額3880円(サキチヨさんはこっちのプラン)なので、2000円以上の節約が可能です。

ということで、今はdocomoに
------------------------------
月額 約3000円×2
・内訳
基本使用料 934円
パケ放題ダブル 372円
spモード 300円
端末費用 1372円
------------------------------
払い、wimaxに4480円と3880円を払っていますので、合計で15000円くらいを出費しています。

合計で3000円くらいしか安くなっていませんが、もう少しよいことがあるのです。
僕らはwimaxの回線を無線LANルーターで受信して、wi-fiでスマートフォンに繋いでいます。
簡単に言うと、無線LANルーターという機器ひとつでパソコンもスマートフォンもゲームも全部インターネットにつなぐことができるので、家で契約していたメガエッグ(月々5500円)も解約しました。
(*メガエッグは光回線100M(実測30Mちょっと)、wimaxは最大40M(実測5~7M)なので回線のスピードは遅くなりました。)

詳しくいうと、こういうことです。

○注意!
僕の回線を二人で使えばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、wimaxでは同一のwimax回線で複数の機器を一度につなぐことはできません。ひとつの回線に機械を追加して使う複数の機械から同一のwimaxに繋ぐサービスはあるのですが、後に繋げた回線が優先的に繋がれるそうです。(wimaxを無線LANルーターで受けて、無線LANルーターまでをwi-fiで複数つなぐことはできます。ここはややこしいですね。自信あり気に書いてますがその実、僕もよくわかってません。)

1、wimax→→→2、無線LANルーター→→→3、PCやスマートフォンやゲーム

「1、wimax」から「2、無線LANルーター」の間は、wimax回線となるので基本的には「2、無線LANルーター」にしか繋がりません。「2、無線LANルーター」から「3、PCやスマートフォンやゲーム」はwi-fiで繋ぐことができるので複数繋ぐことができます。
なので、会社などに行く時に僕は「2、無線LANルーター」を家からもって出るので、サキチヨさんにも専用の「2、無線LANルーター」を与えないと家にいるサキチヨさんがインターネットが使えなくてブーブーいうのです。


ここで少しウチの家計を拡大してみると、
----------------------------
これまで:
僕の携帯代:5000円
サキチヨの携帯代:5000円
メガエッグ:5500円
---------------------------
計:約15000円


----------------------------
これから:
僕の携帯代:7500円(docomo3000円wimax4480円)
サキチヨの携帯代:7500円(docomo3600円wimax3880円)
メガエッグ:解約
---------------------------
計:約15000円

2人でスマートフォンに変えて、これまでと払う金はおおよそこれまでと同金額です。
これなら家計も変わらんのでよいかなということで二人してスマートフォンに変更しました。

あとwimaxを検討するときの注意点も書いときます
・wimaxは今でも随時エリア拡大していますが、2011年1月現在も屋内や地下に加えて防音工事がされているところなどは繋がりにくいです。
*広島のライブハウスで使用できたところは、スマトラタイガーのみです。

・外でも繋がらない地域も多いです。
*広島市内を出ると繋がりにくいです。直島に旅行に行ったときには一日中スマートフォンではなく、携帯電話でした。

・wimaxに興味がある際にはまずは「try wimax」という無料サービスを試すことをおすすめします。
*これはただの根も葉もないただの経験則ですが、try wimaxで借りた機種はよく繋がる気がします。

自分の家はもちろんですが、職場やバイト先、よく行くお店なんかがあればそういった場所なども(まぁ、生活圏内というやつですね)回線が届くかを見ておくとよいと思います。

さて、長くなったのでここまで書いときます。
次は「デジタル備忘録 どこのwimaxサービスがいいのか?」「デジタル備忘録 スマートフォンをwi-fiのみで使う」を書いとこうと思います。

読書備忘録

警官の紋章 (ハルキ文庫)

新品価格
¥720から
(2011/1/16 00:45時点)




佐々木譲の北海道警察シリーズ第3弾。

「笑う警官」のベースとなっている不正事件(郡司事件)が今作もベースになっている。
郡司事件に直接ではないにしろ、関わっていた警官が事故として死亡。
その実は、覚悟の自殺。
その警官の息子も警察官になっているのだが、息子が事件の真相を知ることから物語がスタート。

真実を知った息子は、父親を間接的にだが、精神的には直接的に死に追いやった犯人へ復讐をするために行動を起こす。(拳銃をもったまま、失踪。)
その警官を追う津久井。
そして、「笑う警官」の最初に追っていた事件に疑問を感じ、捜査をしなおす佐伯宏一。
もう一人、洞爺湖サミットのSPに選ばれる小島百合。
3つの視点がひとつの事件に繋がっていく。
そして解決へ。

この佐々木譲さんの作品を3作品読みましたが、共通してどうしても物足りない箇所がありました。
もっと悪事を働いていた人間の末路を描いて欲しいです。
全く触れてなかったり、描かれてなかったりすると、どうも腹の収まりが悪く物足りなさが残ります。
あえてそこは書かずに進めているシリーズなのかも知れませんが、勧善懲悪を好む僕には悪が亡びる様をもう少しページを割いて克明に描いて欲しかったです。

んー、ほんまにただの備忘録じゃの。これ。

読書の備忘録

本を読んだり、映画を見たりといった時間を結構割いているのですが、僕はあらすじなどを全て忘れることができるという特技を持っているので、そんな特技を披露せずに済むように備忘録をつけようと思います。

2010/12/29- 2011/1/2
「笑う警官」佐々木譲





札幌のマンションに変死体発見。

死体の身元が判明。職業「婦人警官」

犯人捜査:捜査線上に一人の警官浮上。「津久井卓」

しかし、「津久井卓」はどうやら冤罪。
北海道警の裏金事件について翌日に道議会の百条委員会に証人として出席する予定だった。

「津久井卓」以前、潜入捜査で一緒だった「佐伯 宏一」に連絡。
助けを乞う。

「佐伯 宏一」が仲間を集め、「津久井卓」の冤罪証明をしていく。

それとともに、組織の腐敗を認めるために百条委員会に参加しようとする「津久井卓」を組織を売った警官「うたった警官」として組織から排除しようとすると北海道警ならずとも共感できる長く続く組織ならではの陰湿さを表現。

最終的には、真犯人が発覚。
「佐伯 宏一」が「津久井卓」の冤罪を証明。


2011/1/2 - 2011/1/5
「警察庁から来た男」佐々木譲
*「笑う警官」に続くシリーズ2作目





1、人権団体が、人身売買で北海道(すすきの)に売られたタイ人少女の保護を警察に求めたところ、
事情を聞いた警官が身元引受人が暴力団員と知っていながら暴力団員に少女の身柄を引き渡すという事件が発生。
2、すすきののぼったくりバーで男性がビルから落ちて死亡。事件性があったにも関わらず事故として処理される事件が発生。
まず、1の事件が少女の脱走→タイの大使館→日本へ正式に批判。
1の事件を踏まえて、2の事件が暴力団と警官の癒着の例として世界的に有名な雑誌で特集される。

警察庁から「監察官」が北海道警に来る。

「監察官」がうたった警官であることを信用に足る材料として「津久井卓」を補佐につける。

2の事件の被害者の父親が盗難事件にあい、「笑う警官」の事件のあと干されて部署異動があった「佐伯 宏一」がその盗難事件を担当し、2の事件に絡んでいく。

監察官と「津久井卓」は主に1の事件、「佐伯 宏一」は2の事件を主に解決を目指す。

両方の事件の底には、同じ暴力団と警察内のある組織との表裏一体の関係が寝そべっている。

明けたので、最初のライブ

どうも。ウサギバニーボーイです。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

「今年はウサギ年なので、ウサギの跳躍のように活動の幅をジャンプアップして広げたいと思います。」
と、20年前なら厚顔無恥にこんなことを言える気もしますが、今では経験や知識がいろいろ邪魔をします。
まず、ウサギの跳躍力ですが、そんなにありません。
活動の幅もうさぎ年などは関係なく、本人たちのやる気次第でいつでも広げたり、縮めたりできます。
ということで今年もさして昨年と変りないバニーボーイですが、よろしくお願いします。

さて、この土曜日。
1月8日ですね。
尾道のjoeboxでライブをしてきました。
呼んでいただいた黒田さんはじめ、店長さん、スタッフの皆さん、対バンの皆さんどうもありがとうございました。
ありがたいことに持ち時間も1時間近くいただき、出来る限りの曲を用意してライブに臨ませていただきました。
--------------------------------
土曜のセットリスト:
1、買おう!ヘアケア祭り
2、さよなら絶望
3、やりたがり2億
4、ファンタUSA
5、ペプシコーラ
6、アクエリアス
7、センチメンタルジャニー
8、気狂障子
9、グッドバイ
--------------------------------
「3」「5」「7」「8」があまりやらない曲ですね。
特に「8、気狂障子」は数年ぶりというレベルでの演奏でした。
演奏的には、「3、やりたがり2億」のコード進行がガッツリ抜け落ちて忘れたところがあったので、
酷いもんだったと思いますが、それ以外はギリギリ聞けるレベルだったのではないかと思っていましたが、
メンバーがそれぞれ「あの曲はちょっと…」というのを総合すると、なかなか演奏力のないライブだったことが判明しました。。

でも、いいんです。
「わざとそういう不安定な演奏で緊張感を保っているのです。」
「ヘタウマなのです。」
こういった理由を並べて批判を年の功で受け流します。

でも、演っている僕らは充分に楽しませていただきました。
お客さんからしたら、1時間も立ちっ放しで足の裏の痛くなるライブだったと思いますが、
僕らにとっては良いライブでした。
ありがとうございました。

また、打ち上げでは以前これを食おうと一大決心し、広島から食べにいったら日曜の昼でも閉まっていた「のぐち」のお好み焼きを計らずも口に出来ました。
砂肝がうまかったです。尾道では「肉玉そば◯◯入り」とかという表現ではなく、「のぐちの6番を注文します。何枚入りますか?」というような表現であることも地元ならではという感じがして楽しかったです。
1番から5番まではそばのみが入ったり、砂肝がなかったりするんでしょうね。

ということで、今年もよろしくお願いします。

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。