スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書の備忘録

本を読んだり、映画を見たりといった時間を結構割いているのですが、僕はあらすじなどを全て忘れることができるという特技を持っているので、そんな特技を披露せずに済むように備忘録をつけようと思います。

2010/12/29- 2011/1/2
「笑う警官」佐々木譲





札幌のマンションに変死体発見。

死体の身元が判明。職業「婦人警官」

犯人捜査:捜査線上に一人の警官浮上。「津久井卓」

しかし、「津久井卓」はどうやら冤罪。
北海道警の裏金事件について翌日に道議会の百条委員会に証人として出席する予定だった。

「津久井卓」以前、潜入捜査で一緒だった「佐伯 宏一」に連絡。
助けを乞う。

「佐伯 宏一」が仲間を集め、「津久井卓」の冤罪証明をしていく。

それとともに、組織の腐敗を認めるために百条委員会に参加しようとする「津久井卓」を組織を売った警官「うたった警官」として組織から排除しようとすると北海道警ならずとも共感できる長く続く組織ならではの陰湿さを表現。

最終的には、真犯人が発覚。
「佐伯 宏一」が「津久井卓」の冤罪を証明。


2011/1/2 - 2011/1/5
「警察庁から来た男」佐々木譲
*「笑う警官」に続くシリーズ2作目





1、人権団体が、人身売買で北海道(すすきの)に売られたタイ人少女の保護を警察に求めたところ、
事情を聞いた警官が身元引受人が暴力団員と知っていながら暴力団員に少女の身柄を引き渡すという事件が発生。
2、すすきののぼったくりバーで男性がビルから落ちて死亡。事件性があったにも関わらず事故として処理される事件が発生。
まず、1の事件が少女の脱走→タイの大使館→日本へ正式に批判。
1の事件を踏まえて、2の事件が暴力団と警官の癒着の例として世界的に有名な雑誌で特集される。

警察庁から「監察官」が北海道警に来る。

「監察官」がうたった警官であることを信用に足る材料として「津久井卓」を補佐につける。

2の事件の被害者の父親が盗難事件にあい、「笑う警官」の事件のあと干されて部署異動があった「佐伯 宏一」がその盗難事件を担当し、2の事件に絡んでいく。

監察官と「津久井卓」は主に1の事件、「佐伯 宏一」は2の事件を主に解決を目指す。

両方の事件の底には、同じ暴力団と警察内のある組織との表裏一体の関係が寝そべっている。
スポンサーサイト

明けたので、最初のライブ

どうも。ウサギバニーボーイです。
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

「今年はウサギ年なので、ウサギの跳躍のように活動の幅をジャンプアップして広げたいと思います。」
と、20年前なら厚顔無恥にこんなことを言える気もしますが、今では経験や知識がいろいろ邪魔をします。
まず、ウサギの跳躍力ですが、そんなにありません。
活動の幅もうさぎ年などは関係なく、本人たちのやる気次第でいつでも広げたり、縮めたりできます。
ということで今年もさして昨年と変りないバニーボーイですが、よろしくお願いします。

さて、この土曜日。
1月8日ですね。
尾道のjoeboxでライブをしてきました。
呼んでいただいた黒田さんはじめ、店長さん、スタッフの皆さん、対バンの皆さんどうもありがとうございました。
ありがたいことに持ち時間も1時間近くいただき、出来る限りの曲を用意してライブに臨ませていただきました。
--------------------------------
土曜のセットリスト:
1、買おう!ヘアケア祭り
2、さよなら絶望
3、やりたがり2億
4、ファンタUSA
5、ペプシコーラ
6、アクエリアス
7、センチメンタルジャニー
8、気狂障子
9、グッドバイ
--------------------------------
「3」「5」「7」「8」があまりやらない曲ですね。
特に「8、気狂障子」は数年ぶりというレベルでの演奏でした。
演奏的には、「3、やりたがり2億」のコード進行がガッツリ抜け落ちて忘れたところがあったので、
酷いもんだったと思いますが、それ以外はギリギリ聞けるレベルだったのではないかと思っていましたが、
メンバーがそれぞれ「あの曲はちょっと…」というのを総合すると、なかなか演奏力のないライブだったことが判明しました。。

でも、いいんです。
「わざとそういう不安定な演奏で緊張感を保っているのです。」
「ヘタウマなのです。」
こういった理由を並べて批判を年の功で受け流します。

でも、演っている僕らは充分に楽しませていただきました。
お客さんからしたら、1時間も立ちっ放しで足の裏の痛くなるライブだったと思いますが、
僕らにとっては良いライブでした。
ありがとうございました。

また、打ち上げでは以前これを食おうと一大決心し、広島から食べにいったら日曜の昼でも閉まっていた「のぐち」のお好み焼きを計らずも口に出来ました。
砂肝がうまかったです。尾道では「肉玉そば◯◯入り」とかという表現ではなく、「のぐちの6番を注文します。何枚入りますか?」というような表現であることも地元ならではという感じがして楽しかったです。
1番から5番まではそばのみが入ったり、砂肝がなかったりするんでしょうね。

ということで、今年もよろしくお願いします。

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。