スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前髪ハッスル

本が好きな人は一度が小説を書いてみたいと思ったことがないでしょうか?

僕はあります。

なぜ、今こんな話をするかというと、今日は書くことがないからです。
「書くことないなら、書かんかったらええ。」
ご意見ごもっとも。

ただ、イトーくんと交互に書き続け、連続記録も長くなってきているので、ここで辞めるわけにはいかないのです。
なんか罰があるというわけでもないのですが、なんか続ける義務のような薄皮に包まれているような感じなのです。

ということで、長く続けて書けるネタがいいなぁと思って、上記を思いついたわけですよ。
そんなもんですよ。

じゃぁ、話を考えましょう。

とりあえず、ジャンルはミステリーがええですね。
職を失ったおっさんが世を恨みつつ、呪いつつ路上で暮らしている折、
知り合いの路上生活者を偶然救ったことから、口コミでそのおっさんの情報が伝わる。

悩み相談から始まり、人生相談と受けていく間に、おっさんの周囲にはおっさんを慕って集まってくる連中がちらほら、徐々に己の力を認識していくおっさん。

人は力となり、おっさんは路上にて新興宗教の教祖となり、世の中を席巻していく。

■ポイントはおっさんの家族とおっさんの前の職業
■あと、目線はおっさんではなく、おっさんの新興宗教に勧誘された大学生目線で描く
■おっさんはある分野にだけ知識がかなり精通しているという設定

とか考えましたよ。

どうでもいいですね。

では。



スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。