スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「島」 第五回(全五回)

書き手:イトウ

社会人1年目のある日の業務中、あまりに暇なので書いた糞文「島」を転記する最終回です。

第一回はこちら
第二回はこちら
第三回はこちら
第四回はこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 H男は庭で母と一緒に流しそうめんを食べている。普段は蛸壺を海に沈めて漁をしている。あれから後もS江は見つからなかった。
 
 母は狂ってしまっていた。というか島全体が狂っていた。捕った蛸を卸す市場の人に聞いたが、H男の島の人間はある日突然気球に執着するようになったらしかった。
 時を同じくして島の人間は「気球人」なるモノを語ったが、「そんなモノはおらんじゃろう」というのが外部の人達の見方だったようだ。
 どうも何かの拍子に島全体が狂ってしまった様だった。

 あの沢山あった気球はおそらく島民が作ったものだろう。そして広島東洋カープは来年優勝するだろうし、UFC62ではタンクアボットが減量してウェルター級でヒューズと戦うだろう。

 ではあの晩飛んでいった気球に乗っていた一つの人影は誰だったのか・・・。島民の中で行方不明なのはH男の妹S江だけなのだった。

 H男は夜になると時々考えた・・・。S江は狂っていたのか、と。今、それを知る事は出来ない。だが、S江はどこかで生きているという確信はなぜかあった・・・。
 母は相変わらず青い顔をして便所に二時間籠もる毎日だ。

 それから約400前、関ヶ原では東軍西軍が睨み合っていた。

(了)
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。