スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブまであと6日です。

どうも僕です。

---------------------------------------
ライブまであと6日です。
http://hakkan-label.com/order/ticket_order.html
ここから6月12日のチケット予約ができますよ。
いいですね。
---------------------------------------
「-」内は明日の日記にもコピペで貼られます。
予定としては、金曜日まで毎日更新が続きます。

さて、ipadの発売に続き、今日の夜?もうあったのか知りませんが、appleでまた発表があるそうですね。
次はA4(ipadと同じCPU)を使ったiphoneの発表なんでしょうね。
僕もスマートフォンには、触手は動くのですが今、契約しているdocomoのスマートフォン「Xperia」に変更すると、機種代の分割費用を含めると、毎月電話代が一万円を超えるセレブ携帯になってしまうのです。
現在の電話代、月四千円の僕からするとこれは手が出ません。

これがsoftbankのiphoneだと、六千円から七千円くらいで出費が抑えれるので、
なんとか出してもよいかなと思うのですがね。

docomoも底辺の層から少しずつ長く銭をむしるスタイルに変えてくれればよいなぁと思う今日この頃です。

そういえば先週の土曜日、町へ出かけるときに若い娘の二人組がチャリを二人乗りして天下の公道をえっちら走っていたのですが、その横をパトカーが通り抜ける際に、パトカーのおっさんが、
「危ないけぇ、チャリから降りんさいね~」
と方言丸出しで注意しました。
若い娘たちはもちろん二人乗りを止めたのですが、それに加えて周囲の人々に何故か「ほっこり」とした空気感を植え付けていました。
僕はパトカーのおっさんの気遣いに痛く感心しました。

おっさんは、そこまで意識していないのかもしれませんが、一般人が警察になにかしら注意されたり、呼び止められたりすると呼ばれた当人はもちろん身構えますが、周囲にもピンと張り詰めた緊張感を与えてしまうものです。
そこをただ使い慣れた方言で、近所の知り合いの子供に注意するような口調で方言を使用して注意してくれると、当人の緊張感はもちろん、周囲へ与えるはずのいらぬ緊張感も払拭し、払拭するだけでなく柔らかい「ほっこり」感さえ植えつけるのです。
ああいう大人になりたいものだと思い、いただいた「ほっこり」感で少し心を温めてニヤニヤしながら、サキチヨさんの友達のライブを見に行きました。

人のライブを見ながら、音楽のことを考えていたら、考えが飛躍しました。
広島ではセットストックやちょっと前からミュージックキューブというイベントをしているのですが、どちらも「広島」をキーワードとし、地元活性化や地域貢献の意味合いが含まれているような「広島を盛りあげよう」とかの文言を好んで使用しているのですが、これを飲食に当てはめると、
-----------------------------------------------------
・広島に食堂がオープン。
・看板には地産地消!この食堂は地元の農業を応援します。みたいなことが書いてある。
・しかし、その実は全国から高い食材を取り寄せ、調理はほとんど施さずに切って並べるだけの料理を提供。
・看板に嘘がないようにサラダの上や、刺身のツマなんかに地元食材を利用する。
-----------------------------------------------------
というような感じで、飲食であればちょっと過剰広告ぽいのです。。

こうなった理由は、
・「広島を盛り上げる」などの文言は地域貢献的な意味合いが含まれ、集客に便利。
・広島に商業的に成功したバンドがいたら使うが、いない。
というのが、主だった理由だと思われます。

まぁ商売として儲からないと、こういった音楽イベント等は決して開催することはできないので、方便も大事だと思うのですが、商売というベクトルの方向で考えざるをえない事柄が多いので、イベントとしては「仏作って魂入れず」になってしまうことも多々あると思うのです。

そこで、広島のTV局が1局くらいは、商売というベクトルから切り離すイベントを企画することで、商業的な成功への逆アプローチを試みるとともに文化貢献という側面をアピールするという試みをしてみてもいいのではないか?と思うのです。少なからず、その考え方に賛同する人はいるのではないかと思うのです。

ただどれくらいの数が賛同するかは知りませんがね。

そこで、飲食業でいうと、
-----------------------------------------------------
・広島に食堂がオープン。
・看板には特に何も書いていない。
・しかし、その実は地元の厳選した良い食材(高いとは限らない)を取り寄せ、調理方法も考慮した上で提供。
・看板に何も書いてないので、たまには全国から高い食材を仕入れることもある。
-----------------------------------------------------
というお店ができないかぁと思いました。

考え方が逆なので「キュージックミューブ」や「クットストッセ」というイベント名がわかりやすくていいなぁと考えていると、サキチヨさんが友達に挨拶に行くでよ。と促すので挨拶をほどほどに済ませ、帰路につきました。





スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。