スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書備忘録

警官の紋章 (ハルキ文庫)

新品価格
¥720から
(2011/1/16 00:45時点)




佐々木譲の北海道警察シリーズ第3弾。

「笑う警官」のベースとなっている不正事件(郡司事件)が今作もベースになっている。
郡司事件に直接ではないにしろ、関わっていた警官が事故として死亡。
その実は、覚悟の自殺。
その警官の息子も警察官になっているのだが、息子が事件の真相を知ることから物語がスタート。

真実を知った息子は、父親を間接的にだが、精神的には直接的に死に追いやった犯人へ復讐をするために行動を起こす。(拳銃をもったまま、失踪。)
その警官を追う津久井。
そして、「笑う警官」の最初に追っていた事件に疑問を感じ、捜査をしなおす佐伯宏一。
もう一人、洞爺湖サミットのSPに選ばれる小島百合。
3つの視点がひとつの事件に繋がっていく。
そして解決へ。

この佐々木譲さんの作品を3作品読みましたが、共通してどうしても物足りない箇所がありました。
もっと悪事を働いていた人間の末路を描いて欲しいです。
全く触れてなかったり、描かれてなかったりすると、どうも腹の収まりが悪く物足りなさが残ります。
あえてそこは書かずに進めているシリーズなのかも知れませんが、勧善懲悪を好む僕には悪が亡びる様をもう少しページを割いて克明に描いて欲しかったです。

んー、ほんまにただの備忘録じゃの。これ。

スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。