スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「残暑の九月」

書き手:イトウ

前回転記した「ある話」の他にもフロッピーからいくつかの糞文が出てきました。
転記するだけなのでこりゃ更新がラクです。
はずかしくて死にたくなる感じもなかなかエエです。

「ある話」と同じく人に「なんか書いて」と言われて書いた文です。書いた時期は「ある話」とほぼ同じ10年くらい前で21歳か22歳のころだと思います。

   *   *   *   *   *

 「残暑の九月」

 随分長い間こうしているような気がする……。だが頭の中に、赤くネバネバした不思議な液体がまとわりつき、一体いつからこうしているのか判らない。
「暑い…。」
確かにこの日は暑かった。九月の太陽がアスファルトを焼き、立ち昇る陽炎が彼の思考をさらにボンヤリさせる。気だるさが全身を浸食していくのを自覚し始めた時、彼は通りを歩く人々の自分に向けられた視線に気がついた。立ち止まって訝しげに見る人もいる。
「嫌な奴らだ。」
神経質な彼は、この流行りの店が立ち並ぶ賑やかな通りを歩く若者が嫌いだった。脳天気で、騒がしく、けばけばしい。それに平気で道端にゴミを捨てる。くそったれがと思いながら視線を若者から移すと、一軒のオープンカフェが彼の目にとまった。涼しげなテラスに客はまばらだ。彼は喉の渇きを自覚し、よく冷えたアイスコーヒーが飲みたいと思った。遠くの方で、救急車のサイレンが鳴っているのが聞こえる。

 ひどく空気が悪い。交通量が多いせいだ。彼は自宅の近くをはしるこの通りがかつて好きだった。しかし道路の拡張工事が行われ交通量が激増した今の通りに昔の面影は、まったくなかった。

 立ち止まって彼を見る人が増えてきた。既に彼を中心とした人の輪になりつつある。
「どうしたんだ。なんでみんな俺をみるんだ。」
彼は不安になった。随分まえから立ち止まっていた一人の女性が、隣に立っているもう一人の女性に説明するように話していた。そして「轢かれた」「飛び出した」「逃げた」などの単語が彼の耳に入ってきた時、彼は思い出した。
 
 その女性をゆっくりと見上げる。焼けたアスファルトが、固まりかけた血液とともに彼の頬に張り付く。そのアスファルトの上には、あるはずのない水たまりがあるようにみえた。

「氷が沢山入ったアイスコーヒーが飲みたい」

 サイレンがさっきより近くで聞こえる。赤くネバネバした不思議な液体が、彼の感覚を完全に覆った。

 九月にしては暑すぎる日だった。 

(了)

「ある話」第3話(最終回)

書き手:イトウ

イトウが10年くらい前に書いた糞文「ある話」を転記する第3回(最終回)です。
なんか小恥ずかしいつまらなさで、本当に糞ですね。

第1回はこちら。
第2回はこちら。


   *   *   *   *   *

「あのう、変身の手続きをしたいんですけど。」
 区役所の窓口にこう言うと、書類を十枚ほど書けと言われ、その書類を書いて提出すると二時間ほど待てと言う。俺は時間を潰すため区役所を出た。その辺をブラブラしたが、いっこうに時間は過ぎない。あまりにも暇なので、小さな女の子にいたずらをして遊んでいると、予備校から浪人生がボワーッと出てきて、俺と女の子をジロジロと見だした。
「何みてんだ!見せ物じゃねー!」
 ムカッときた俺は懐からショットガンを取り出し、威嚇のために一発空に向けて打った。
 どーん!
 その音にびっくりした予備校生は、蜘蛛の子をちらすように次々と希望の大学へと入学していった。
 特に、二浪中の身であった須本 桂くん(二十歳)は念願の東京大学に進学し、卒業後めでたく官僚になり暴利をむさぼった。
 
「ばかたれ!」
 俺は区役所に戻っていた。二時間たったからだ。しかし、まだ許可が下りないという。
「この税金ドロボー!聞こえてんのか!」

 シーーーーーン

 黙殺された。俺は窓口の男につかみかかった。ぽかぽか。殴っても殴ってもうんともすんとも言わない。それもそのはず、この男は無抵抗主義者だったのだ。ぽかぽか。椅子に座りうつらうつらしていた課長は、この騒ぎにびっくりし目をさました。

「君たち。やめんか。やめんか。こら。やめんか。やめんか。。」

ちょうどその瞬間、区役所の上空三百メートルに原子爆弾が炸裂した。


 ボカーン。


 課長はメガネと一緒に吹っ飛んでいき、窓口の男は飛んできたガラス片の格好の的になり、係長は彼が長崎に出張した際に買ってきた、ガラス細工の牛と共に溶けていった。俺も背中に熱線を浴び、皮膚が焼けただれぶっ倒れた。
「あついー」
 のたうち回る気力も無く、ただ横たわり死を待つのみだ。


 いくらか時間がたち、俺は今まさにあの世に旅立たんとしていた。
「ああ。俺は死ぬんだな。」
 
 意識の無くなる寸前、俺は高校二年生の時の文化祭でハンドベル部の女の子に「好きです」と言った事を思い出していた。

(了)

「ある話」第2話

書き手:イトウ

イトウが10年くらい前に書いた糞文「ある話」を転記する第2回です。
第1回はこちら。


   *   *   *   *   *

 さらにその車が突っ込んだ時、重要な柱の一本が折れたらしく、建物が大きく傾いた。 その刹那、二階の一号室に下宿している小林少年(少年探偵団団長)がこたつの上で食べていた鍋焼きうどんの鍋がひっくり返り、椎茸をはじめとする具と麺と汁が、少年の着ていたスウェットの伸びた首もとから中へと入り、大火傷を負った。
 二号室にいた二階堂 和美さん(二一歳)は、「おもいっきりテレビ」を見ながらムダ毛の処理をしていたが、衝撃で前につんのめり、手を突こうとムダ毛剃りシェーバーを放り出しだが間に合わず、テレビのリモコンで頭を強打、チャンネルが「笑っていいとも!」に変わった。
 三号室の安岡 信二さん(二三歳)は恋人の川村 三恵さん(二二歳)と性交渉の真っ最中であったが、衝撃のせいで腹の上に出すタイミングを逸し、膣中に出してしまった。この時懐妊した赤ちゃんが後年、国際会談の席で犬に噛みつかれ大失態を演じる首相となるのだが、それはまた別の話。
 とにもかくにもその場は大狂乱となり、それはさながら地獄絵図であった。逃げ出す者、ただ叫び続ける者、呆然と立ちつくす者、えのきを買い忘れた事を思い出しスーパーに引き返す者。

 その時、一人の男が俺の目にとまった。その男は、轢かれた丁稚の胸ぐらから財布を抜き出すと、素早くその場を去っていった。死んだ人間から盗みをはたらくとは。
「許せねえ!」
 かくなる上は変身だ。俺は変身するため、JRで二駅離れた所にある区役所にむかった。


(続く)

「ある話」第1話

書き手:イトウ

タカミヤくんの創作を読んで思い出しました。
ちょうど10年くらい前、他の大学の文芸部に所属する友人から「なんか小説書いて」と言われて、物凄く短い糞文を書いたことがありました。
あれ、どっかにあるんじゃないか?と探してみると、フロッピーディスクの中にありましたよ。一太郎のファイルだったので開けなかったんですが、フリーの変換ツールでテキストファイルに変換して、久し振りに読んでみました。
なんともかんとも、ですよ。恥ずかしいですが、そのまま数回に分けて載せてみます。3回くらいかな。
以下転記

* * * * *

 「どけどけどけぇーい!こちとら江戸っ子でぇーい。」
 俺の横を物凄い勢いで丁稚が通りすぎていったが、そのすぐ先の十字路で、急に飛び出してきたセダンに撥ね飛ばされ、天寿をまっとうした。
 彼の引いていたリヤカーは横倒しになり、積み荷の白菜が路上にぶちまけられ、それらの一部は路上生活者が持ち去り、残りは飢えた子供達の胃袋におさまった。
 丁稚を轢いた車の方は、十字路の角にあるラーメン屋「麺湯品(めんたんぴん)」に突っ込み、カウンターにぶつかって止まった。そのときカウンター席でもやしラーメンに舌鼓を打っていた会社員、吉村 忠夫さん(四七歳)は腰骨を砕かれ、せっかく食べたラーメンをもどした。
 運転手はカウンターにぶつかった勢いでフロントガラスをぶち破り、ポーンと飛んでいき、店長自慢のスープが煮えている鍋にポチャン。救急車が到着するまでの一五分の間、グツグツとその鍋の中に滞在し、ダシを出した。

(続く)

«  | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。