スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハローハローワーク 第5回

そんな中、勝手に大田市へ取材旅行に行っていた太郎のデジタルムーバが久しぶりに震えた。
それは、両親からの連絡だった。
「そろそろ月へ帰るで。」とのこと。
そう、太郎は月面に生息する宇宙人であった。

主に専用家畜のウサギに餅をつかせることで月の運営を行っていたが、ウサギが1匹しかいないこと、そのウサギが最近手に入れた「ナニワ金融道」を読んで以来、労働条件に関してブツブツ文句を言うこと、また、餅がそこまで需要がないことから、太郎一家が地球へ新事業の開拓を模索しにきていたのだった。

しかしながら、地球についてすぐ、太郎の両親は新事業の開拓を放棄。
ローソンで立ち読みした「パチスロ必勝ガイド」で得た知識を元にパチプロ生活に突入していった。
そんな甘い考えで地球の生活を維持できるはずもなく、じきに太郎の両親は生活を支えることが困難となり、母吉江が、昼間はパン工場で働き、夜はスナックで働いた。

父善次はギリギリまで働くことを拒否していたが、晩御飯のおかずのお皿をテーブルに置く妻の手の無数の皺を見ると、本人の意思とは関係なく口からそっと「苦労をかけるなぁ」とボソッと言葉を漏らした。

次の日から善次は河岸工事のバイトで汗を流した。幾許かの日当を手にするようになった。
もともと真面目で勤勉家であった善次は数ヵ月後には、現場監督として多くの部下に慕われるほどの存在となっていた。
部下の勧めで購入したセルシオに乗りながら、善次は地球に来た目的をすっかり忘れていた。

息子の太郎には、公務員になってほしいと願った善次は、太郎が幼い頃から塾に通わせ私立の進学校に進学させたが、物心がついた太郎は、登校拒否児となり次第に学校に通わなくなった。

親の希望を押し付けすぎたのが原因かも知れないと考えた善次は、その頃の太郎に対し、強く意見することができなかった。

強く意見することの出来ない善次の心の弱さが、更に太郎の心の闇を深くしていった。
そんな太郎の定期購読雑誌は「バンドやろうぜ」と「デラべっぴん」だった。

母吉江は、以前と変わらず、昼間はパン工場、夜はスナックで働いていた。スナックでは雇われママになっていた。
雇われママという中途半端な立場に満足できなかった吉江はオーナーにスナックの経営権の譲渡について話し合いを幾度かもったが、話は平行線を辿り、結論はでなかった。
3度目の平行線の話し合いを終えた後、お店に出る気力もなくそのまま帰宅した吉江は、ふと鏡に映る自分の姿を見つめた。

「こんなに歳を取っちゃって、私ももうおばさんね」
そのとき、そっと後ろから善次が吉江を抱きしめた。
「よく頑張ってくれたよ。もう帰ろう」
吉江は少し泣きながら、首を縦に振った。

そして、数年前、
「アジアを代表するアーティストになります。」
と、書き置きを残して型落ちのデジタルムーバを持って出かけた息子太郎に電話をかけた。

執行猶予中の田所健太郎君(25歳)が、ビル解体工事で手にした週払いの給料45000円から、
風俗店「亀頭センチメンタル」にて、45分昇天笑点コース12000円コース選択し、人気ナンバー3のペティちゃんから濃厚なサービスを享受しながら、新たな人生を模索していたそんな時、北西に小さい発光体が月に向かって飛んで行った。

目撃者はハローバイバイの関のみだった。
そして、その目撃証言は、都市伝説になることはなかった。

その2分後、執行猶予中の田所健太郎君(25歳)は、ペティちゃんというロケットに乗って昇天した。

-----完-----

ハローハローワーク 第4回

愛媛県の番町界隈のカフェを新入社員の茂木玲子(22歳)と取材をしていた社会人3年目の田所健太郎君(23歳)は、3日前からの想いを伝えるべく、取材中にも関わらず茂木玲子(22歳)に告白。

時と場合を選ばない肉食男子らしい告白に茂木さんの心はキュウンとなるはずもなく、冷たい目で睨まれて頬をビンタされた。

これから2か月後、社会人3年目の田所健太郎君(23歳)は、執拗な無言電話と先輩という地位を利用したパワーハラスメント風セクシャルハラスメント痴漢ソース添えの容疑で、ストーカー規制法で愛媛県警に連行。

以後、犯罪者○年目の田所健太郎君(23歳)と表記されるようになる。

茂木玲子(22歳)は、その容姿と、元犯罪被害者という地元では珍しいキャラクターとして地元タレントに転身するも、鳴かず飛ばずであったが、愛媛テレビの看板番組「ポンポンポンジュース」にワンタイムレポーターとして出演した際に、チーフプロデューサー高畠裕真(46歳)の目にとまり、愛人3号としての地位を確立。

アシスタントディレクター、ディレクターを人間として扱わないありがちなテレビ人間となった。
以後、「ポンポンポンジュース」の準レギュラーとして、愛媛県民の6人に2人がわかるタレントとして定着。

1年後、「愛人は3号では意味がない」と気づき、高畠裕真(49歳)を殺害。
一躍脚光を浴び、愛媛県民の5人に3人がわかる犯罪者となるのは、もう少し先のお話。

太郎は、山陰中央新報で勝手に連載していた4コマ漫画「それでも僕らは、」を自費出版にて発売。
バルバリー種の合鴨農法のお金をすべてつぎこんだ。

当然のように反響などあるわけもなく、太郎の生活は急速に爪に火を灯したら熱いという生活に追い込まれていった。

ハローハローワーク 第3回

2年後、
筏で帰国した太郎は、日本国籍を持ちながらも密入国者として公安に追われていた。
太郎は必死に逃げた。
右手に持っていた「ワンピース」の同人誌はクルッと丸められ、
バトンよろしく太郎の加速を手助けした。

走る太郎を目撃した大門宗太くん(15歳)が、その走行フォームに心酔し、なぜか佐川急便に就職。
福岡地方を担当し、昼によく立ち寄っていたラーメン店「かんぴょう」の
親父の「閉店のお知らせ」にショックを受け、佐川急便を即日退社。

「かんぴょう」を引き継ぐために、「かんぴょう」の親父につき、修行。
修行の甲斐あって、親父と全く同じ味を出せるようになったが、
そもそも親父のラーメンがさほど美味くないという欠点が浮き彫りになり、
経営はあっという間に破たん寸前。

起死回生の一打として始めた電気工事会社が地場の公共工事を一手に
引き受けるほどの黒い会社に急成長。

大門宗太氏(55歳)が、地元の名士として久留米市市長選挙に立候補したその日に、
談合・恐喝・詐欺などの黒い容疑で福岡県警に引っ張られていくのは、もう少しあとのお話。

島根と山口の県境「益田」に潜伏していた太郎は、地元の農家に勧められバルバリー種の合鴨農法にて、コメ作りを始めていた。
最初の2年は満足いく土が作れず、納得のいくコメを作ることができなかったが3年目からは少しづつ納得いくコメを作ることに成功していった。

太郎のコメはインターネットで評判となり、楽天で3週連続、ショップ別売上ランキング1位を獲得した。
太郎は嬉しさのあまり、そっと山陰中央新報に半2段の広告枠を買取、4コマ漫画「それでも僕らは、」の連載を始めた。

「益田を新潟を超えるコメドコロにしたい」
太郎はそんな夢を抱きながら、青々と茂った草を抜き、
最近増やしたチェリバレー種の合鴨の肛門をさすっていた。

ハローハローワーク 第2回

7年後。
26歳になった太郎は、アジアを代表するバンドを作るために訪れたアジア圏のM国でひきこもっていた。
M国でバンドをしようと思っていた太郎だったが、M国ではバンドブームは3年前に終了していた。
そして、M国は戦時下だった。

己の信念を信じ、皆が武器をとり、革命を望んでいた。
太郎は、虫の死骸の羽を一枚ずつ剥ぎながら、地べたに下半身を押しつけていた。
近くには、「みんなあげちゃう」の2巻と7巻が転がっていた。

「あーどうでもいいなー。」

灼熱の太陽が、太郎の丸出しのケツに差した洗面鏡に惜しみない光を送っていた。
プラスティック部分をケツに差していた洗面鏡が90度反射して、
太郎から5メートル先の民家の窓べりに腰かけていた革命戦士の目をくらませた。

残念なこと革命戦士は、4分前にイケナイ煙を吸い込んでいた。

浜崎あゆみの等身大フィギュアに口づけをしながら、革命戦士は怒鳴りながら太郎に近付いてきた。
そして、ケツにささった洗面鏡を荒い手つきで、太郎のケツから抜いた。
抜いたと同時に少しだけおならの乾いた音が漏れた。

等身大フィギュアの胸元に太郎のケツから抜いた洗面鏡を納めると、
革命戦士はなぜか少し泣きながら、仲間のジープの助手席に乗りこんだ。
すでにその手元には、浜崎あゆみの等身大フィギュアはなかった。

革命戦士はおもむろに、後部座席に段ボールでおいてあったひとつ3Mペセタのゴムのバリ取りの内職をはじめた。
それは、イケナイ煙吸引時独特の集中力で作業をこなすことによって、来月の手取りが180万Mペセタとなり、バリ取り業者からチームリーダーという破格の待遇で就職を斡旋され、カリスマバリ取り師としての道を究めていくダッシュ・リー誕生の瞬間であった。

太郎は「みんなあげちゃう」の2巻の56Pから57Pへ唾をつけた右手で捲りながら、そろそろ潮時だと考えていた。
そのころ、世界規模の不景気の最中、就職浪人することもなく見事、株式会社総合出版に就職していた社会人1年目の田所健太郎君(21歳)は、愛媛県宇和島市でタウン情報誌の取材をしながら、自分を過大評価していた。

ハローハローワーク 第1回

太郎は左手に持っていたジャンプコミックス「瞳ダイアリー」の第3巻を床に置き、決意した。
「そうだ、バンドをしよう」
右手の行方は言わずもがな、太郎はパンツを履いて楽器屋へと向かった。

2年ぶりの外出だった。

道では、下校中の小学生、田所健太郎君(11歳)が太郎を指しながら笑っていた。
太郎は怖くなって家に帰ろうかと思ったが、「これではいけない」と思い直し、
楽器屋へと向かうことにした。

2年ぶりにショーウィンドウに映る自分を確認したら、パンツしか履いていなかったことに驚いた。
警察が来る前に家に帰った。

そして、3年間ショックで家から出ることができなかった。

太郎は右手に持っていたマガジンコミックス「oh!透明人間」の第7巻を床に置き、決意した。
「そうだ、バンドをしよう」
左手の行方は言わずもがな、太郎はパンツとズボンを履いて楽器屋へと向かった。

そう、太郎は3年の間に利き手が変わっていた。

道では、下校中の中学生、田所健太郎君(14歳)が太郎を指しながら笑っていた。
太郎は上半身が裸だった。

鳥肌の立った無駄に白い肌と、フランス人女優の唇のような肉感を保った太郎の乳首が、
夕方の町並みに映えた。

«  | HOME |  »

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Appendix

hakkan_staff

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。